保健事業健康保険組合のご案内健康保険ガイドこんなとき届け出申請書一覧けんぽQ & A介護保険
 
特定健康診査
特定健康診査

健康づくり広報
小冊子「健康保険のしおり」の配布
育児支援冊子の配布
年間医療費通知

病気の予防事業
生活習慣病健診
人間ドック健診
主婦向け健診
婦人科健診子宮頸がん検診
婦人科健診

子宮がん・乳がんは、早期発見できれば克服することが可能ながんです。必ず子宮がん検診・乳がん検診を受診してください。

項 目 内 容
対象者 35歳(年度内に到達する年齢)以上の被保険者の方(ただし、今年度の人間ドック対象者(40,43,46,49,52,55,58,59,61,63,65歳)および任意継続者は除く)
※各年度4月1日時点かつ、受診時点で加入資格のある方
検診内容 子宮がん検診・乳がん検診
検診機関
【会社で受診】: 「定期健診と同時」もしくは「事業所での集団健診」で受診。
【個人で受診】: 「市区町村が実施している健診先」もしくは「個人で探した医療機関」で受診。
※子宮がん検診と乳がん検診を【会社で受診】と【個人で受診】の併用受診も可。
受診期間 3月末日
費用補助
【会社で受診】: 全額当健保組合が補助(個人立替なし)。
【個人で受診】: 15,000円を上限に費用補助(個人立替)。
※各検診により、その都度費用が発生する場合は一括請求してください。
※併用受診した場合の【個人で受診】分:子宮がん検診5,000円を上限・乳がん検診10,000円を上限
費用請求 【個人で受診】された方は「費用精算(婦人科健診)」に必要事項を記入のうえ、領収書を貼付し、当健保組合宛に送付してください。
請求期限は各年度4月末日必着分まで
費用の支払 後日、被保険者の給与にてお支払いします。
注意点
補助の対象となるのは、健康診断だけです。通常の病気診療を目的とした保険診療は、補助の対象とはなりません。(保険証を使って受診し、検査を受けた場合など)
医療機関の窓口で「検診をお願いします」とはっきりお伝えください。必要に応じ、「医療機関の皆様へ(婦人科健診)」を窓口でご提示ください。
領収書は「(例)子宮頸がん細胞診費用」など検診内容の但書きがあるもの(但書きがない場合、検診内容がわかる明細書の追加貼付も可)、さらに、領収書の宛名は「受診者名」で記入のあるものに限ります。(医療機関に記入依頼をしてください。)レシート等ではお支払できません。なお、医療機関備え付けのものがない場合には、「領収書」をお使いください。

 
日東電工健康保険組合